借金の返済に困った時の対処法

借金の返済に困った場合は、債務整理を行う必要があります。自分ひとりで行うことは難しいため、法律家の手を借りましょう。主に「個人再生」「任意整理」「自己破産」の中から、裁判所がその方の返済能力などを鑑みて決定を下します。

債務整理を依頼する時の注意点

相談

債務整理のシステムを理解する

債務整理にはどのような種類があり、どういったメリットやデメリットがあるのかといった内容を事前に知っておく必要があります。債務整理に関しては、裁判所の決定により従うべき行動となりますが、裁判所へ申し立てに行く前に、自力で何かできないか模索することも必要だからです。

借金がなくなるわけではない

裁判所の決定によって債務整理が行われますが、完全に借金がなくなるわけではありません。納税義務は残されていますし、任意整理や個人再生の決定が下った場合は、借金が減額されるというメリットがありますが、元本程度の債務は残されてしまいます。責任を負いながら生活をすることも念頭に入れておきましょう。

金融事故として登録される

債務整理は金融事故として取り扱われます。金融事故の場合は、信用情報機関に個人情報などが登録されます。いわゆるブラックリストと呼ばれるものです。この信用情報登録がなされると、5年以上はローンを組むことや新しい借り入れなどができなくなります。生活に支障が出てしまうことがあるので注意しましょう。

生活に制約が生じる

自己破産が決定すると、生活に必要なものが差し押さえられることがあります。生活再建に向けての再構築などが進められることもあります。借金がなくなる傍らで生活に大きく支障が出てしまうこともあるので、こういったことも考慮に入れる必要があります。専門家に依頼する場合は、こうしたデメリットも含めて指南してくれる方を選びましょう。

信頼できる法律家に依頼する

弁護士など法律の専門家は秘密厳守が基本ですので、借金問題といったセンシティブな問題も引き受けてくれます。ただし、自己破産の専門ではないというような弁護士もいますので、借金問題に長けた専門家を探すことが大切です。また、自己破産の手続きなどに多くの実績を持っている弁護士を利用することが大切です。

自己破産をするメリット

自己破産をすることで、多額な借金や利息がすべてなくなります。このことで生活が楽になるという方も見られることでしょう。また、自分自身が自己破産をすることで家族が不利益を被ることはありません。家族が新たな借り入れができなくなる、クレジットカードの審査に落ちるということもありません。

債務整理で借金の返済負担を軽減!【困った時はプロへ相談】

男性

優良な弁護士を見つけるコツ

優秀な弁護士を見つけたい場合は、無料相談などを上手に利用することをおすすめします。きちんと悩みを聞き、方向性を模索してくれる弁護士に依頼することで、必要最低限の行動で債務整理ができる可能性が高まります。また、成功報酬制をとっており、着手金の請求がないところも安心です。見積もりを出してくれて報酬はどのくらいかかるかを提示してもらえるとさらに安心ですね。