HOME>イチオシ情報>税金に関する問題は税理士に相談!相続税の問題を解決しよう

税金に関する問題は税理士に相談!相続税の問題を解決しよう

弁護士

税理士に依頼できる相談内容

税理士に依頼できる相談は、税金に関すること全般です。また、相続税の手続きに関する相談や、会社法に基づく相談、家族信託の相談なども可能となります。税理士は、会計記帳のほか、会社のコンサルティングなども行いますので、節税のヒントなども教えてもらえます。

商事信託と家族信託の違いについて

投資家から集めた資金を運用する商事信託

信託銀行や信託会社のように、投資家から集めた資金を企業が運用する形態を商事信託といいます。投資家は、企業が生み出した利益を配当してもらうことができます。

家族の資金を運用する家族信託

家族が保有する財産の受託者が「家族または親族」であることを家族信託といいます。この場合、受託者である家族が適切に管理や処理を行う必要があります。

依頼にかかる費用と相場

税理士に依頼するときの費用ですが、依頼内容や規模によって大きく変わります。相場としては10万~30万円ほどになります。理由として、報酬は税理士が自由に設定してよいということになっているからです。

初めて税理士に相談する人から多い疑問や質問を解決!

法律書

登記などは請け負ってくれる?

相続に関する手続きの中に、登記を行う場面が出てきますが、税理士は税金のエキスパートです。登記をお引き受けすることはできまないので、司法書士にご依頼ください。

分割協議書など作ってもらえますか?

相続に関して必要な「分割協議書」の作成までは承っています。場合によっては提携する行政書士に依頼することになりますので、詳しくは相談窓口までお問い合わせしておいた方がいいでしょう。

家族信託は難しいですか?

資産の所有者が高齢となり、今後の管理に問題が出るという場合は、意思を表示できるうちに家族信託を利用することをおすすめします。手続き自体は簡単ですので、まずは財産がどのくらいあるのかを確認されるとよいでしょう。

相続税対策って可能でしょうか?

今ある資産に対する相続税対策はありません。ただし、資産の所有権がある方が認知症や死去した後は所有権を動かすことが難しくなるため、早めに家族信託などの形をとることをお勧めします。